FC2ブログ
08
TOP IMAGE
http://emilycat.blog76.fc2.com/

2019-08

絶対領域の行方

夕方からの急な土砂降りで、駅までダンナに迎えに来てもらっていたえみり猫です。こんばんは。

今日は夜勤なので夕方まで寝ていたダンナ。起こして、ごめん。
午前中はいい天気だったのに、午後から急に天気が悪くなったと思ったらザアザア降りなのには参りました。
幸い傘はあったものの、靴に雨水が滲みてきて気持ち悪いのがとてもイヤ。じゃあ、レインシューズでも履けば…と思った方。
はっきり申しまして、レディースでは私のサイズのものはありません。
パンプスは26センチ!!普段でも25.5センチですから、私の足に合うレインシューズといえば、ゴム長ですよ。とほほ。
足もでかいが手もでかいです。ピアノのドからオクターブ上のミまで楽勝です。まあ、手足だけでなく、全体的にでかいですが。(^_^;)
サイズも態度も超LLサイズ!!それが私。(爆)

さて、本日のお話で今回のフォトストーリーはひとつにつながります。
心配性の碧樹があさっての方向へ大迷走…しているのではなかろうかと思うような今回のお話。
きちんとまとまるのか…管理人も予想が出来ません。いや、マジで。



「Rose Garden」へようこそ。

P3180080.jpg



ちょっぴりブルーな人々は、会話がかなり迷走中。一体どこへいくのか。そして、ほんとうに終わるのか?(滝汗)


*******************************************************************************

P3180066.jpg


「ありす、こっちにおいで。」
「兄さまに叱られてしまいました…」
「それは違うぞ、ありす。私はただ…」

P3180072.jpg


「ありすのこと、嫌いになったわけじゃないですよね?」
「そんなこと、ある訳ないだろう!」
「もちろんだよ。ありすが可愛いから碧樹は心配なのさ。怒ってる訳じゃないよ。」

P3180075.jpg


「ほんとう?兄さま、怒ってない?」
「ああ、もう本当にお手上げだ。怒っている訳ではないが、目のやり場に困る。」
「これ位の女の子には必要な要素だと思うけど?絶対領域っていいじゃない。」
「なんだそれは?」
「オンナノコのスカートから覗く脚の範囲で、一番綺麗に見える範囲♪」
「……この俗物がっ。」

P3180076.jpg


「兄さま…」
「降参。ありすには敵わないな。だからといって、そのドレスでのお出かけは勘弁して欲しい。」
「どうして?」
「そ、それは…。他のやつらに見られていると思うだけで腹が立つというか…
何ブツブツ言ってるんですか?碧樹。
「う、うるさい!」
「碧樹は心配性だからね。ありすに悪い虫が付くんじゃないかってハラハラしてるのさ。」
「悪い虫ですか。」(どんな虫なのかしら?)

P3180079.jpg


それにしても今回は、碧樹には分が悪かったとでも申しましょうか…
「ああ、そのようだな。頼むから、ありすのドレスは露出の高いものは避けて欲しい…。」
「僕は別にかまわないよ?」
「お前の意見なぞ、聞いていない!」
ありすはどうですか?
「これ以上このお話を続けると兄さまが泣いちゃいそうなので…禁則事項です




迷走という名のあとがき

今回は三回でひとつのお話でしたが、作っている私も展開が読めないといった恐ろしい事態が発生していました。
ので、最後まで迷走。どうやってオチをつければいいのッ!と叫ぶこと数回。
自身の力不足を痛感しましたね。(T_T)
そんなお話でしたが、ここまでお付き合いくださった皆様に感謝です。
おまけで緋曉のセーターを着せられたありすのフォトをぺたり。

P3180097.jpg


…しかし、碧樹よ。この格好もある意味萌えではなかろうかと…

「やっぱり、そう思う?意外と碧樹もこういうのスキ…」ドカッ!!
                          「痛ッ!!イタイよ碧樹!」「許せん!もう一発殴らせろ!」


……お後がよろしいようで。


スポンサーサイト

● COMMENT ●

ひとつ勉強になりました

”絶対領域”とはなんぞや!?
で読み始めましたが、なるほど~。Wikipediaなぞで検索してフンフンとうなづいてしまいました(笑)。
大脳皮質の妄想連合野を刺激してくれる言葉です(注:そんな領域は実際にはありません)。
作り手が展開を読めないのは、キャラが生き生きしている証拠だと思います。マンガでも名作といわれるものの多数に、そういう現象がみられます。
新しいストーリーにまた期待大ですv-391

つぼつぼさま いらっしゃいませ♪

絶対領域は、正確にはかなりミニなスカートでオーバーニーソックスとか着用ですが、ありすはお子ちゃまなので。(^_^;)これが限度?
キャラが生き生きしていると感じていただければ、うれしい限りですね。
ただ、今回の先の見えない展開は単に私の無計画さが…(爆)
迷作というのがぴったりくるしょっぱい作品でした。
次回はようやくトランクネタ♪パジャマ姿が…笑えます。

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emilycat.blog76.fc2.com/tb.php/95-1856bdae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

椅子、こわしました。 «  | BLOG TOP |  » Rhapsody in Blue

多機能カレンダー(訂正)

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

えみり猫

Author:えみり猫
<猫たち>と呼ばれている
高校生と中学生の息子二人の母
自他共に認める「親ばか」

☆初めてお迎えした愛娘
<ありす>(TF-Emillie)
☆双子の兄さま’S
<碧樹・ミズキ>(SD遠夜2ndカスタム)
<緋曉・ヒサト >(SD17遠夜1st)
☆謎の同居人
<朱晄・アキラ>(TF-Jerome)
<藍泉・アオイ>(TF-Louis)
☆兄さま’Sの弟
<黎夜・レイヤ>(SD13遠夜3rd)
☆藍泉のお兄さん
<蒼海・ソウマ>(SSDFWilliams2nd)
☆兄さま’Sの長女
<ましろ>(Yo-SDゆきWhite ver.)
☆諸般の事情で養育することに
<さくら>(PF-MiniMay)
☆碧樹の完全女性体
<紫月・シヅキ>(ディーラーオリジンボディ)
彼らが暮らす本館の管理人でもある

*ここには、Blue Fairy社とボークス社のキャストドールがいます。
興味のない方や苦手な方はスルーで。
嫌悪感を感じる方はご遠慮願います。
*本館HP「Victorian Rose House」へはリンク欄よりお越しください。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

border=

border=
<本館サイト用バナーです。>
本館 Victorian Rose House は
リンク欄からお越しください。
リンクフリーです。
はるも、はがすもご自由に!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

♪BGM

©Plug-in by PRSU

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索