FC2ブログ
10
TOP IMAGE
http://emilycat.blog76.fc2.com/

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにかく色々無事です。

余震も怖いです…えみり猫です、こんばんは。

ご心配いただいた方々にお礼申し上げます。ありがとうございます!
たくさん勇気をわけていただきました。本当にありがとうございます。
幸いこちらは思ったほどの被害はなかったのですが、二世帯住宅三階建ての我が家の三階は子供の机の上の教科書が全部なだれ落ちていました。
ゲーム用のテレビの上においていたテレビチューナーも落下。たまたま下に雑誌が散乱していたために無傷でしたが。
転倒すると思われた本棚ラックは壁からかなり離れた場所で原型を留めてました。
私の本棚は何冊か落ちてましたけど…。

ダンナの書斎という名の小さな小部屋、別名『第三艦橋』は壁一面の本棚の扉が全開。でもみっちり入っていたお陰か中の本やDVD、ゲームソフトなどは散乱してませんでした。
平積みしている本とかCDとかは多少崩れているものもありましたけどね。
カラーボックスの上の小さなテレビが落ちてるんじゃないかと恐る恐る覗いてみたところ、壁際から20センチくらいカラーボックスごと移動していたのに落ちていませんでした。これにはびっくりしました。
マイカー通勤のため帰りの交通手段は確保できていたダンナですが、大渋滞の末帰り着いたのは仕事が終わって3時間後。普段なら30分ほどで帰り着くのです。

二階のキッチンの食器棚は、新築の際作り付けにしてもらっていたんです。
で、耐震ラッチ(強い揺れで扉が開かなくなるというしくみだそうです)のお陰か、食器の落下はなかったのが幸いでした。
以前阪神大震災を経験した義理の姉の助言もあり、食器棚に滑り止めを敷いていたのも幸いしたようです。
水道は、お風呂にかなりの赤錆が出ていましたが入れるだけマシと言うものでしょう。
ドールを置いている部屋は落下物もなく、もとよりトランクの中なので全く問題はなかったのですが、今後のことを考えて大きい子は全員ヘッドだけになっています。
小さなトランクにぎゅうぎゅうですが、我慢してもらうしかないですね。
ボディだけを一つのトランクにまとめて、もしものときは掘り出そうと言う…。
一階の姑のところはほとんど落下したものがありませんでしたが、それでも二人震えながら玄関脇の柱にしがみついていたんです。
逃げ道の確保のために玄関は開けていましたが、そこから見えるご近所のおうちがガタガタと揺れる様や植木鉢が落下するガシャンガシャンという音も恐怖でした。
それくらい揺れは強く長いものでした。

…本当に怖かった!
イザというとき、人は何にも出来ないものだとよくわかりました。
そして、地震は余震も怖いのだということも。
断続的に続く余震のせいで夕べは浅い眠りばかり。
ゆらゆらと長いときもあれば急にガタンッとくるときもありで、その度に生きた心地もしません。
軽く船酔いしてる気分でちょっとした揺れにも敏感になっています。
近所のスーパーもコンビニもほとんど売り切れでしたし、ガソリンスタンドも長蛇の列でした。
でも、ここはまだいいんです。
震源に近かった地域は震度7を越えたそうですし、ダンナの従姉妹は津波で家を流されたと聞きました。
津波が押し寄せてくる映像に涙が滲んでこれが夢であったらどんなによかったでしょう。

せめてできることといえば節電の協力程度なのですが、どうぞできるだけのご協力を!
以前勤めていたのが電力会社関連でしたのでよくわかるのですが、電力は備蓄ができないんです。
今使っている電力は、今どこかの発電所で生み出された電力なのです。
どこかで無駄な電力を消費していると、どこかで必要とされている電力が不足します。
病院や療養施設では、この電力不足がかなり深刻な事態となります。
エアコンの設定温度を2℃変えるだけでもかなりの節電効果があるんです。
出来る限りの節電を呼びかけてください。

これ以上大きな災害が起きないことを心より祈ります。
そして、これ以上の大きな被害がないことも。





スポンサーサイト

● COMMENT ●

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emilycat.blog76.fc2.com/tb.php/509-2fb5f767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

計画停電に思うこと。 «  | BLOG TOP |  » 怖かった…!!!

多機能カレンダー(訂正)

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

えみり猫

Author:えみり猫
<猫たち>と呼ばれている
高校生と中学生の息子二人の母
自他共に認める「親ばか」

☆初めてお迎えした愛娘
<ありす>(TF-Emillie)
☆双子の兄さま’S
<碧樹・ミズキ>(SD遠夜2ndカスタム)
<緋曉・ヒサト >(SD17遠夜1st)
☆謎の同居人
<朱晄・アキラ>(TF-Jerome)
<藍泉・アオイ>(TF-Louis)
☆兄さま’Sの弟
<黎夜・レイヤ>(SD13遠夜3rd)
☆藍泉のお兄さん
<蒼海・ソウマ>(SSDFWilliams2nd)
☆兄さま’Sの長女
<ましろ>(Yo-SDゆきWhite ver.)
☆諸般の事情で養育することに
<さくら>(PF-MiniMay)
☆碧樹の完全女性体
<紫月・シヅキ>(ディーラーオリジンボディ)
彼らが暮らす本館の管理人でもある

*ここには、Blue Fairy社とボークス社のキャストドールがいます。
興味のない方や苦手な方はスルーで。
嫌悪感を感じる方はご遠慮願います。
*本館HP「Victorian Rose House」へはリンク欄よりお越しください。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

border=

border=
<本館サイト用バナーです。>
本館 Victorian Rose House は
リンク欄からお越しください。
リンクフリーです。
はるも、はがすもご自由に!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

♪BGM

©Plug-in by PRSU

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。