FC2ブログ
08
TOP IMAGE
http://emilycat.blog76.fc2.com/

2019-08

もうじき卒業式というのに…

先週末からいろいろあって疲れました…えみり猫です、こんばんは。

ようやく仕事も一段落…と思いきや、先週の金曜日は予想以上に出荷が多くてびっくりでした。
それなのに、人数制限と時間数制限のため少ない人員でてんやわんやです。
しかも小学校ではわけのわからないトラブル…。

せっかく土日連休が取れたしドール用品の整理もしたいお針子もやりたいお話用のフォトも撮りたい普通のフォトも撮りたい、まあぶっちゃけドール三昧な週末でうっとり…
そんな私の予定は先週起こった小学校のトラブルで一気に消し飛んだのでありました。(T_T)


続きに畳んでいることはそんな先週の出来事です。
ドール趣味とは全く無縁の、小学生のお母さんのぼやきです。
後学のために覗いてみるのも一興とは思いますが、楽しくはないです。
どれどれ、どんなトラブルだったのか言ってみ?という方のみクリックで。










一言で言うと、「わけわかんない」という出来事でした。


先週木曜日に仕事から帰ってみると下の子が「今日は大変だったよ…」と憔悴気味。
どしたの?と聞くと「なんでかわかんないけど、先生が怒り始めて2時間目から授業しなかったんだよね。机に座ってノートの○つけだけしてた。5時間目まで。」と言うではありませんか。
えええ?どういうこと?理由もないのにそんなことがあるもんですか…と他のお母さんのところに電話してみるとやっぱり同じことをそこのお子さんも言っているというのです。

確かに6年生の教室を参観する機会の多かった私が見てもざわざわしているな、とは感じてました。
懇談会で先生から、落ち着きがないのでご家庭でもよく話し合ってもらいたい…と報告もあったんですよ。
聴覚過敏のあるうちの子もクラス全体がざわついて先生の声は聞こえないしイライラする、教室にいるのも苦痛だと言っていました。(だからと言って勝手に教室を出て行くのは違うだろ!とツッコミ)
陽気でお調子者の多いクラスです。
数人の男の子が授業中ちゃちゃを入れてそうこうしているうちにお喋り好きな女の子たちも各々好きなことを話し始めるという…まあどこにでもある授業風景と言えばそうなのですけどね。
あまりにもうるさくて理科の実験ができなかったり家庭科の調理実習が延期になったりしたことは知ってましたし、先生が怒って教室を出て行ってしまって子供たちで話し合った結果みんなで謝りに行ったことも聞いていました。
ですが、だからと言って自習と黒板に書いてプリントを配るわけでもなく読書をさせるわけでもなく、ただただ黙々と自席でノートの○つけだけしてるなんておかしいでしょう。
28歳男の先生です。うちの子が4年のときに他のクラスの担任も勤めた先生です。
その頃はもっとハツラツとした印象があったのに。
やはり高学年の担任、しかもうちの子というハンデもあって負担が大きかったのかな…お母さんたちが何か手伝えればちょっとは違うかな…。

以前も上の子が4年生だった頃、3学期に入って急に授業が出来ないほど騒がしくなったということがありました。
緊急招集で行った懇談会はかなり後味の悪いものになり事態の収拾に手を焼きましたが、いろんなお母さんたちが授業を見回ったりすることでなんとか落ち着きを取り戻したものです。
そのときの経験を踏まえて、今回も他のお母さんたちに協力を求めてみるのもいいのかもしれない…
そういう気持ちから、もう一人の役員のお母さんとも相談して連絡網を回すことにしました。
できる限りでいいので小学校の様子を見てもらえないだろうか、と。
連絡網を回してみて、初めてそういうことを聞きましたと言うお母さんもいれば子供ともども危機感を抱いていると言うお母さんもいらっしゃって、このあたりの温度差もすごいなとは感じてましたが。

しかし、本来そういうことは先生と話し合ってから決めることであって勝手に連絡網を使うのは由々しき問題です!と翌日学校へ報告に行った際校長室でみっちり校長先生と教頭先生に説教を受けることに。(>_<)
まあね。
確かに学校の連絡網だからね。
しかも伝言ゲームのように人伝に伝わる習性の強い連絡網。
伝えたい内容がきちんと伝わらなければ混乱と誤解を受けるだけ。
物事はなんでも手順と言うものがあるのにこんなことは前代未聞です、それは絶対やってはいけません!とそりゃまあ…。
確かに校長先生の言い分も間違ってはいません。
そこで担任の先生も交えて話し合いをすることになったのですが。

校長先生も教頭先生も、担任から問題ありと言う報告はないし無論学年主任からもそういう報告がないのに、どうしてそんなことを?と仰るのです。
…ちょっと待て、2時間目から無言の自習が問題ないとでも?
しかし担任は「子供たちの自主性を促すために私なりの考えがあってそうしたのです。」
…え?ですがそれでは授業としては成立してませんよね?
「その後の様子から、授業が成立していなかったとは思っていません。」
…では、先生は現状では特に問題ないという見識ですか?
「無論ざわついた感はありますがとりたてて問題と言うわけでもないのに、こうして保護者の方に問題視されたことのほうが心外です。」と仰るわけですよ。
そもそも今回のことは子供から聞いた話から推測しているに過ぎないのに…ということなのでしょう。
それも(問題行動の多い我が家の)○○くんの言い分ですよね?とも。
確かに自分ちの子供ですから?信用したい気持ちもわかりますが、片方だけの言い分で騒がれるのはいかがなものでしょうか…というわけなんですね。
校長先生や教頭先生のいる手前、担任に詰め寄るのも気の毒ではありますし追い詰めるために来たわけでもないし。
それでは授業の様子を見たい場合は連絡帳で日程を告知の上参観可という約束を取り決め、私自身がクラス全員の保護者の家に電話をして今回の主旨を説明しますということで話し合いが終わったのです。

さて、そこからが大変でした。
なにせ38軒です。
簡単な伝言とはわけが違いますし、何より情報共有したい保護者も多いわけです。
結果一軒あたりの通話時間はそこそこかかり仲の良いおうちだとさらに長くなり、連絡の取れなかった数軒を除いてほぼ全員に連絡をつけるのに土日まるっと2日間かかりました。
学校での出来事を事細かに話すお子さんはやはり女の子が多かったですね。
男の子はあまり話さなくなったのか、初めて聞いて驚きましたというご家庭が多かったです。
子供たちや先生の温度差もさることながら、お母さんたちの温度差もすごかった。
そんな中、一軒一軒お話を聞くうちに座談会形式で一度みんなで意見交換がしたいという要望もありました。
上の子のときの緊急集会の苦い経験もあるので個人攻撃をしないことと先生への批判をしないことを前提に、今週末にでも行おうと計画しているところです。
お母さん方が話し合う機会のなかった6年2組。
卒業式を目前に一致団結へ向けて何かできることを探してみたいと思います。
例えそれが子供たちから見て「無駄なことすんなよ。」と思われても
先生から「余計なことをしないでください。」と思われても
他の人から冷ややかに「ご苦労様…」と思われても。

やらなかった後悔より、やってからの後悔!



一生に一度の小学校の卒業式。
せめていい思い出で締めくくりたいじゃないですか。










スポンサーサイト

● COMMENT ●

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emilycat.blog76.fc2.com/tb.php/503-01502d0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

後悔は先も後もあったもんじゃない。 «  | BLOG TOP |  » 読み聞かせ

多機能カレンダー(訂正)

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

えみり猫

Author:えみり猫
<猫たち>と呼ばれている
高校生と中学生の息子二人の母
自他共に認める「親ばか」

☆初めてお迎えした愛娘
<ありす>(TF-Emillie)
☆双子の兄さま’S
<碧樹・ミズキ>(SD遠夜2ndカスタム)
<緋曉・ヒサト >(SD17遠夜1st)
☆謎の同居人
<朱晄・アキラ>(TF-Jerome)
<藍泉・アオイ>(TF-Louis)
☆兄さま’Sの弟
<黎夜・レイヤ>(SD13遠夜3rd)
☆藍泉のお兄さん
<蒼海・ソウマ>(SSDFWilliams2nd)
☆兄さま’Sの長女
<ましろ>(Yo-SDゆきWhite ver.)
☆諸般の事情で養育することに
<さくら>(PF-MiniMay)
☆碧樹の完全女性体
<紫月・シヅキ>(ディーラーオリジンボディ)
彼らが暮らす本館の管理人でもある

*ここには、Blue Fairy社とボークス社のキャストドールがいます。
興味のない方や苦手な方はスルーで。
嫌悪感を感じる方はご遠慮願います。
*本館HP「Victorian Rose House」へはリンク欄よりお越しください。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

border=

border=
<本館サイト用バナーです。>
本館 Victorian Rose House は
リンク欄からお越しください。
リンクフリーです。
はるも、はがすもご自由に!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

♪BGM

©Plug-in by PRSU

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索