FC2ブログ
08
TOP IMAGE
http://emilycat.blog76.fc2.com/

2019-08

手のひらのキス・第六話

13日より出勤と休日が縞模様のえみり猫です。こんばんは。

明日は学童の夏祭り。お休みをいただいてお手伝いです。
雨は止むのでしょうか…。
そんなわけでここのところ、出て・休んで・出て…とタイムカードは縞模様。
まとめて休みたいところですが、最終バーゲンで今日もスーツに囲まれていました。
頑張れ私。
もうすぐ夏休みだ。


予定では今日が最終話…でしたね。
ええ、予定です。
六話が七話になっても、予定は未定であり決定ではないという大人の都合のような言い訳が通じるハズ…

……ごめんなさい。ごめんなさい。
案の定、まとまりませんでした。何がいけなかったのか…。
(いや、いろいろマズかったんですが。)
もう少しだけ、続きます。
えええ、かなり「痛い」展開だけは予定通りで。



第六話

P7130222.jpg


   どうかしている。碧樹は弟だ…。
   確かに、長い日々を離れて暮らしてきた…
   それでも、双子の弟じゃないか。
   こんな感情は絶対間違っている。
   でも…あの瞬間、自分だけのものにしたいと強く感じた。
   気の迷いとかじゃない。本当に君が欲しかった。
   たとえ君を傷つけても…手に入れたいと…心から。

   本当に…どうかしている…



P7130226.jpg


   碧樹…まだ、泣いているんだろうか…

   何もなかったふりをして、これから暮らしていくことなんてできない。
   でも、碧樹は困るだけだ、こんな気持ち…
   いつか、もっとひどく傷つけて、全てを失うかもしれない。
   今なら引き返せる。
   この想いを閉じ込めて、永遠に閉じ込めて、何もなかったふりをして…

   
P7130228.jpg


緋「…碧樹……」



P7130230.jpg


   …緋曉…泣いてる……


P7170296.jpg


   確かに記憶が曖昧だ…
   管理人の言うとおり何か事情があったのかも知れないが…
   訳のわからぬまま、飛び出してきた。
   自分ではない、別の誰かがいる様な不思議な感覚…
   遠くで聞いていた優しく囁く声は、確かに緋曉だった。
   触れた指先から伝わる甘やかなぬくもり。
   眩暈のするような切ない思いも…
      
   あの感覚は、なんなのだ…
 

P7170299.jpg


   あんな…キス…するなんて…
   あれは親愛のキスではなかった…
   あれは……
   私にどうしろと?
   お前は、私の双子の兄だ。
   しかも私は男だぞ。
   それなのに…
      

P7170304.jpg


  …もう、お前が解らない。お前の気持ちも…
   
   お前の…何を赦して、何を赦さないで、何もなかったふりをして…
   そうして、これからお前と暮らしてゆけるのかさえも…
   自分の気持ちすら…わからないというのに… 
  

P7130232.jpg


碧「あああ!なんだっていうんだ!まったく!」



                                                 最終話へつづく    


スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんにちは、つぼつぼちゃんに聞いて来ました。
全6話という事で、安心して読んだのに……
「最終話へつづく」って……
ここにもヤキモキのタネがーーー!!!
もう体が保ちましぇん(涙)

20日の件、今から、楽しみです。
書くのと、見るのと、同時進行ができるかどうかが、かなり不安ではありますが……
熱~いマシンガントーク、展開しましょう♪

また、来ま~す。最終回見に~(笑)

taroさま いらっしゃいませ♪

本当にようこそおいでくださいました~。

…せっかくおいでいただいたのに…

すごいごめんなさいごめんなさいごめんなさいv-436
予定は未定…でした…!
しかも展開はこんなで、「痛い」かぎりです。
てか、管理人暴走中。ダレカトメテ~
もう、もう、滝汗v-356
そんな拙サイトですが、最終話もお付き合いいただければ…

余計にストレスかも。(T_T) すみませんすみません。

20日、楽しみにしています!!がっつり、語り合いましょう!!

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emilycat.blog76.fc2.com/tb.php/138-d622add8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

手のひらのキス・最終話 «  | BLOG TOP |  » 手のひらのキス・第五話

多機能カレンダー(訂正)

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

えみり猫

Author:えみり猫
<猫たち>と呼ばれている
高校生と中学生の息子二人の母
自他共に認める「親ばか」

☆初めてお迎えした愛娘
<ありす>(TF-Emillie)
☆双子の兄さま’S
<碧樹・ミズキ>(SD遠夜2ndカスタム)
<緋曉・ヒサト >(SD17遠夜1st)
☆謎の同居人
<朱晄・アキラ>(TF-Jerome)
<藍泉・アオイ>(TF-Louis)
☆兄さま’Sの弟
<黎夜・レイヤ>(SD13遠夜3rd)
☆藍泉のお兄さん
<蒼海・ソウマ>(SSDFWilliams2nd)
☆兄さま’Sの長女
<ましろ>(Yo-SDゆきWhite ver.)
☆諸般の事情で養育することに
<さくら>(PF-MiniMay)
☆碧樹の完全女性体
<紫月・シヅキ>(ディーラーオリジンボディ)
彼らが暮らす本館の管理人でもある

*ここには、Blue Fairy社とボークス社のキャストドールがいます。
興味のない方や苦手な方はスルーで。
嫌悪感を感じる方はご遠慮願います。
*本館HP「Victorian Rose House」へはリンク欄よりお越しください。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

border=

border=
<本館サイト用バナーです。>
本館 Victorian Rose House は
リンク欄からお越しください。
リンクフリーです。
はるも、はがすもご自由に!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

♪BGM

©Plug-in by PRSU

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索