FC2ブログ
08
TOP IMAGE
http://emilycat.blog76.fc2.com/

2019-08

手のひらのキス・第二話

…夕べ続きを編集してて、そのまま保存せずに寝てしまったえみり猫です。こんばんは。

第二話、そっくり「ぱあ」。

……へこみます。かなり。
何度もこういうことがあったのに、相変わらず「保存」忘れるなんて。
ばかばかばか!!
夜中、それもかなりハイテンションで編集してたから、どんな話だったかすっかり忘れちゃったじゃないのよ!
(それって、どうなの?)

仕方がないので思い出しながら、もう一度第二話編集しました。
話はだんだん妙な方向へ転がっていきます。
あれ?こんな話だったっけ?

フォトはサムネイルですので、クリックで少し大きいフォトが出ますよ。



第二話

P7120064.jpg


碧「みずき、というのは妾の名前か?」
緋「そうだよ。それがここでの君の名前。とても綺麗な名前だよ。」
碧「そうか。それで、妾とそなたはどういう関係なのだ?ばあやは大切な人だと言っていたが?」

P7120068.jpg


緋「僕達は大切な家族なんだよ。ありすのことは憶えてる?」
碧「…あ…りす?」
緋「…ありすのことも憶えていないなんて。ありすにはこのことは?」
このことは内緒なんです。ありすにはショックが大きいかと思いまして。
それにありすにこんな姿を見られたと後で知ったら、碧樹がかわいそうで…。

P7120035.jpg


碧「そんなにこの姿はおかしいのか?」
緋「うーん。とても良く似合ってて僕としては嬉しいのだけれどね。普段の君からは想像できない姿、とでも言うのかな?」
碧「そう、か。」
緋「本当に、とってもかわいいんだけどね。碧樹。」

P7120071.jpg


碧「ばあや?どこへ行くの?」
ありすのことも心配なので、ちょっと様子を見に行くだけでございますよ。
碧「この者と二人だけにするのか?」
大丈夫でございます。良く知っている方ですからね。
緋「僕と二人っきりは、こわい?」
碧「そ、そうではない!」

P7130095.jpg



緋(こんな時に不謹慎かもしれないけど、この姿の君も本当に素敵だよ。僕の弟…じゃなかったら…)


P7130081.jpg


碧「なぜ、そんなに見つめるのだ…?」
緋「ふふ。君がかわいいから。」
碧「そ、そんなに見つめられると…」
緋「ドキドキしてきた?」

P7130084.jpg


緋「僕のことが気になる?」
碧「し、知らぬ!」
碧「何だか解らぬが、そなたは意地悪だ!妾をからかっているのか?」

P7130085.jpg


緋「ごめん、ごめん。あんまり愛らしいから、つい、意地悪しちゃったね。」
碧「やっぱりからかっているだけなのだろう!」
緋「そんなことはないよ。本当に綺麗だよ…。」

P7130080.jpg


碧(なぜだろう?この男をよく知っている気がする。懐かしいような…でもなぜこんなに苦しい…?)


                                                 第三話へつづく

スポンサーサイト

● COMMENT ●

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://emilycat.blog76.fc2.com/tb.php/134-a81e43e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

手のひらのキス・第三話 «  | BLOG TOP |  » 手のひらのキス・第一話

多機能カレンダー(訂正)

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

えみり猫

Author:えみり猫
<猫たち>と呼ばれている
高校生と中学生の息子二人の母
自他共に認める「親ばか」

☆初めてお迎えした愛娘
<ありす>(TF-Emillie)
☆双子の兄さま’S
<碧樹・ミズキ>(SD遠夜2ndカスタム)
<緋曉・ヒサト >(SD17遠夜1st)
☆謎の同居人
<朱晄・アキラ>(TF-Jerome)
<藍泉・アオイ>(TF-Louis)
☆兄さま’Sの弟
<黎夜・レイヤ>(SD13遠夜3rd)
☆藍泉のお兄さん
<蒼海・ソウマ>(SSDFWilliams2nd)
☆兄さま’Sの長女
<ましろ>(Yo-SDゆきWhite ver.)
☆諸般の事情で養育することに
<さくら>(PF-MiniMay)
☆碧樹の完全女性体
<紫月・シヅキ>(ディーラーオリジンボディ)
彼らが暮らす本館の管理人でもある

*ここには、Blue Fairy社とボークス社のキャストドールがいます。
興味のない方や苦手な方はスルーで。
嫌悪感を感じる方はご遠慮願います。
*本館HP「Victorian Rose House」へはリンク欄よりお越しください。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

border=

border=
<本館サイト用バナーです。>
本館 Victorian Rose House は
リンク欄からお越しください。
リンクフリーです。
はるも、はがすもご自由に!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

♪BGM

©Plug-in by PRSU

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索