FC2ブログ
08
TOP IMAGE
http://emilycat.blog76.fc2.com/

2011-08

9月1日まであと何日?

終わらないよ、夏休みの宿題!!えみり猫です、こんばんは。

ぜんぜん!終わりません!!
なんなんだ、いったい。
私がやったらこんなの3日で終わるのに!つか、もう私がやってもいいか?
そんな心境です。
中三の上の子は提出課題が否応なしに受験の成績に影響するので何が何で期日提出が必須ですし、下の子はやっと普通の成績表をもらってくるほどには授業を受けられるようになったのです。
できればこのままの評価をキープして授業出席を目指してほしいし、本人も頑張った分だけ評価されることにやる気が出ている時期なので、夏休みの課題くらいでつまずいてほしくないのですよ。
できなきゃできないでうっちゃっておけばいいのかもしれませんが…。
下手に手伝うと、きっとこれから先も心のどこかで誰かが助けてくれるだろうという甘えが出るというもの。
結局自分で片づけるしかないのですし、彼らの将来を考えたら自分で何とかさせることも大切。
わかっちゃいるのです。
わかっちゃいるのですが、ついつい手伝ってしまう自分。甘いな。
しかし中途半端に手伝うからイライラが半端なくて私のほうがストレスですよ。
当の本人たちはまったりマイペースで、こんなことなら土曜日の撮影会に参加すればよかった><!
もっともそれは無理な相談…とばかりに宿題が残ってて、この土日で色々算段はつけたはずなのですが。
たたでなくても塾の宿題がごそっと出ているので夏休みの宿題まで手が回らないこともわかっちゃいるのよ。
でも、それならそれでもっと危機感をもってやってよね!と私一人が焦っていることに更にイライラ。
ああああああ!


……一通り愚痴ってみました。
これで少しはすっきりしたかも。
すんません、どうでもいいことをブログUPしました。



さて、猫たちが机に向かっている間、私も色々とこれから先のお話のプロットを書きなぐっておりました。
というか、入力?
当初の大まかなプロットでは蒼海の登場はクライマックスでしたし、ましろに至っては登場の予定すらありませんでした。
黎夜だけはいつか三人目の遠夜をお迎えしよう…という野望で隠しコマンドを持っていましたが、それでもどうなるかなんてわからかったし。
実際思った以上に早く黎夜も蒼海も呼び寄せることができ、一度プロットの大幅変更を余儀なくされたわけですが、ましろをお迎えするために紫月を実体化させどんどんお話の方向がずれてきたことに私自身どうやって軌道修正をしたものかとかなり悩んでおりました。
更なる大幅修正をかけてはみたものの、これから先の展開がちょっと見えなくなってきたことも更新の歯止めにつながっていたのも事実です。
とにかく、始めたことはきちんと最後までやるのが私の目標なので、このお話もいつかきちんと最終回のエンドロールを出す日までがんばらないとね、とこの数か月いろいろプロットをこねくり回しては入力という日々を送っておりました。
なんとかぼんやりと方向性も見えてきたことですし、そろそろ次に取りかからねば。
といっても、ここ数話は他愛のない日常の出来事ですけどね。





…………という記事を30日の深夜に書いていて、UPするのを忘れた私。
気づいてUPしたのが9月2日というおおばかやろうです。
とりあえず、30日分でUPしておこう。






スポンサーサイト



5周年。

動画サイトにはまっているのは猫たちだけではなかった…えみり猫です、こんばんは。

…うっかり私もはまってました。ドボン。
ついつい見てたらあっという間に3時とか4時とかで、仕事が暇な時期じゃなかったらマジやばかったです。
ううむ、自重せねば。なんたって、もう若くないんだからさ…。(-_-;)

さて、5年前の今日、ありすが我が家にやってきました。
早いものですね、もう5年です。
お話の都合上、ここにきて何年になる…ということをうやむやにしてますが、リアルタイムにこの子とすごした時間を考えると長いようであっという間でした。
当時小学生だった猫たちも中学生になり、ありすの設定年齢を軽く超えてしまいましたし。
ありすをお迎えした当初は、ずっとこの子だけ我が家の一人娘でかわいがっていこうと心に決めたものですが、気がついたらこの5年間で我が家の住人は総勢8人となっていました。(~_~;)
す…少ないほうだよね?全然許容範囲だよね?まだ2桁いってないし。
(…ボディなら12体じゃなかったの?というツッコミはなしの方向でお願いします。(>_<))

初代リカちゃんが出回ったころの昔話ですが、リカちゃんではなく当時珍しかった27センチドールが私のお人形さんでした。
お友達がもっているリカちゃんが羨ましくて、でも当時はたくさん買ってもらえる時代でもなくて。
大人になってから、その頃の反動とばかりにジェニーやフレンドドールを買い漁ったわけですよ。
で、ギミック的にダメになったボディを交換するためにボディパーツをボークスから取り寄せたのが今から10年近く前。
某のニュースはまだコピーペーパーで、初期子ドルフィーが発売されるというニュースで価格と仕様を見たときはイナバウアー級にのけぞるほど驚いたものですが…
まさかその大きな子たちを何体もお迎えするようになるとは夢にも思いませんでしたね。
その、きっかけとなった最初の子がありすです。

ありすはそれこそ私がかわいらしい(かどうかはかなり謎ですが)おばあちゃんになっても肌身離さず手元に置いておこうと決めていましたから、この趣味から足を洗う引退する気は毛頭ありませんでしたが。
それでもお迎え当初は、いい年してお人形遊びなんて~と思ってましたし、無論イベントなんて絶対無理!とか、ブログもコソコソ10年くらい続けば限度かな?と思ってたんです。
それがコッテコテの腐臭漂う洋館…もといサイトを開設した挙句老体にムチ打ってイベントや撮影会に繰り出すなどと。
あはははは、痛すぎてもう笑うしかない。(笑)

そんな楽しい毎日を振り返ってみて、なんと愉快な5年間であったのかと改めてありすと出会えたことに感謝です。


P1010063-2.jpg


ここに来てくれてありがとう。大好き。





夏休みのもう一つの恒例行事。

雨が降るとわかっていたのにバイクで駅まで…えみり猫です、こんばんは。

9時14分のバスに乗らなきゃダメなのに目が覚めたら9時を回ってました。
ヒィィィィ。
天気は今日から下り坂。できればバイクは出したくなかったんですが…駅までパララっと。
会社についてしばらくしたらバケツをひっくり返したような土砂降りです。
と、どがん!!というものすごい音にびくっ!都内は落雷のため山手線一時運休だったようですね。
本当にびっくりした!せめて光ってから音鳴ってよ。><

さて、毎年夏休みは超が10個は着くほどヒマなのですが、人手が減ってしまったため今年は思ったほどお休みがもらえません。
たまの休みでも猫たちの宿題のせいでほとんど休みなしです。
思えば、就職して夏休みがなくなったことはとても残念でがっかりだったのですが、反面9月1日が近づくあの漠然とした恐怖感と焦燥感をもう体験しなくてもすむのだということにある種の安堵感と幸福感を覚えたものですが…。
然るになぜ今頃になってまたあの重苦しいほどの重圧感を感じなければならないのか。
9月1日まではもう10日ほどしかない上に、ありえないほどの夏期講習が待っているというのに。
塾の宿題もあるのに、にぃにぃはまだ読書感想文も税に関する作文も自由研究も英語のレポートも終わってません!(それって全部じゃん。)
ゆっきーは数学と英語のプリントと漢字の書き取りは終わったものの、やはり読書感想文と人権作文、社会科の調べ学習(ゆっきーは広島県を調べるのだそう)、自由研究に家庭科の調理実習レポート3枚美術館のレポートとまあ、要は自分で調べてまとめるといった類の宿題が全く終わってません!!
毎年見てやっていますが、中学はこれらの提出物がダイレクトに評価点数につながるため自ずと親のほうが力が入ってしまって、もう誰のための宿題なんだか…(T_T)
それなのに猫たちのんきにも動画サイトでのほほ~~~んとしているのであります!!


あーーーーーなんかもうーーLANケーブル引っこ抜いちゃおっかなーー。(-"-)


汗水たらして夏期講習代を捻出しているのにこれかよ…と思うとかわいさ余って憎さ100万倍ですね。
悲しいほど自分と同じDNAでできている彼らの灰色の脳細胞。
中身の出来ならたかが知れているとわかっている分、奴らの尻を叩くこの空しさ。

…フッ。




そんなささくれた日々をすごしておりますが、ぽちぽち拍手をありがとうございます!
お返事をたたんでおりますのでぽちっとされたお方はつづきをクリックで。(*^_^*)





Read More »

もはや恒例行事かも。

帰ってきたえみり猫です、こんばんは。

着いた早々『今年の説教ネタはどんななのかが楽しみ♪』という極悪な(笑)メールをいただきましたが…今年もやはり説教で締めくくりとなりました。(T_T)
元々朝は全然ダメダメなんですよ。
低血圧なうえに完全夜型人間だから、朝はからっきし弱いんです。
が、実家の母はもともと『早起きは三文の徳』というのが信条。
幼い頃は嫌々起きてましたが…知ってます?NHKの放送開始は日の丸の旗がはためいている映像からスタートしてたって。(約40年前ですが)
実家の朝は、テレビの放送開始前から始まってるんですよ…

そんな早くから起きれるかーーーーーーー!!

8時まで寝ていたらがつっと説教なのは毎年のことですが、たまたま両親とも早朝から通院で出かけてて、10時過ぎに私に電話を掛けたのに出なかったのはまだ寝ていたからだろう!と帰ってくるなり説教ですよ…。(>_<)
三食きちんと時間通りに摂ることもさながら朝からヘビーな朝食がガツンと並ぶ実家。
これには猫たちもちょっとドン引きだったことも手伝って、ゆっくりブランチとしゃれ込んだことも気に入らなかったらしく、遅くまで寝てて朝ごはんも食べさせないとは何事だ!とも説教食らいました。
いや、その時間はダンナ外で網戸洗ってたし猫たち掃除機かけてたしぞうきん掛けしてたし私は外で洗濯物干してたんですけどね。
とにかく人の言うことを最後まで聞かないし聞く耳も持ち合わせがないらしく、全く会話がかみ合わなくてここは本当に日本なのかと疑いたくなりました。何を言っても通じないのでしばらく聞いてましたが…何が悲しゅうてこんなところで説教…(>_<)
大体8時まで寝てるのだって、夜遅くまで着物の虫干してたからでしょうがっ。
どんだけあると思ってるのさ。干したら畳んでしまうんだよ、今年は妹が仕事だから私一人なんだよ、箪笥は3つあるんだよ…(T_T)
毎年同じことばを繰り返しますが

……ああ、愚痴るまい…。




ああでも、二階にエアコンがついたおかげで前回の虫干よりはマシでした。
エアコンがなかったら、家に帰りつく前にあの世へ辿り着いたと思います。
前回は猛暑日を記録した日に扇風機だけで干したり畳んだりで、マジで彼岸の彼方が見えましたとも。
妹と二人、寒干しはやっても土用干しだけはやるまいと心に誓った前回。
それに比べたらまだマシなのでしょうが…今年は私一人だったという点でははたしてどちらが良かったのか。
明日から5連チャンで仕事なのですが、着物を畳むときの中腰が思った以上にダメージ大きくて腰痛がつらいです。
次のお休みまでがんばれ、わたし。




今年は早めに…

帰省中です。えみり猫です、こんばんは。

私とダンナの仕事のシフトの関係で今年は早めに帰省してます。
ということで、これは予約投稿。
毎年10日近く帰省していますが、今年はにぃにぃ受験生だし節電のアオリでダンナの夏休みが短いし私のシフトもいっぱいだしで1週間の帰省です。
今年は行きが猫たちと3人なので夜行バスで帰省することにしたのですよ。
ということで、毎年連れ帰っていた住人達も今年は子供たちだけ。
アダルトな人たちはお留守番と相成りましたが…さて、どういう展開になっているのでしょうかね。



P4080070.jpg

緋「当然こういう展開に決まってるじゃない♪」


…………蒼ちゃん!ちゃんと見張ってて!

ドラえもん。

毎日涼しくてこの反動が怖い気がするえみり猫です、こんばんは。

囲碁大会の練習を兼ねてネット碁がやりたいという上の子ために以前の私のパソコンを初期化して譲ったんです。
相変わらず起動時のガーーーっというすごい音がいつかプッツンしそうな恐怖を駆り立てるのですが、それでも中がかなり軽くなったのでそれなりに快適に動くらしいです、にぃにぃが言うには。
で、毎日ネット碁三昧だったわけですが…。

ネット碁をやってる合間に夏休みの宿題もやらずゲームの攻略サイトを検索して、果ては動画サイトまで広げてすっかりネットの虜になっているにぃにぃ。
おいおい、受験生の自覚はどこへ?
本人いわく 「ない。」
って、清々しい顔でおもいっきり開き直るな~~~~~~!!!
まあ、そういわずにこれ面白かったから見てみたら?と動画サイトを出してくれるにぃにぃ。
以前の私のフォトデータ過積載状態だったら絶対途中で止まったであろう動画サイトも、なんと軽やかに動くではありませんか。
どんだけ重かったんだ…orz。
開いたページはご多分に漏れずどれもあほちゃうか~~~~と叫んだほどのばかばかしさでしたが、その中でちょっと心に残るものがありました。
ドラえもんの最終回と一時騒がれた作品がUPされてあり…不覚にも涙。

昔から都市伝説のようにささやかれていたドラえもんの最終回ですが、この作品も当然本物ではありません。
本物ではないのですが、実によくできていて驚きました。
藤子不二雄先生が生前最終回を意識して残された作品は3つ。
でも、どれも本当の最終回ではなかったのです。
「この作品はライフワークだから」という理由で描かれなかった最終回。
偉大な先生の遺志を継いでプロダクションの方々もドラえもんという作品をとても大切に守っていらっしゃいます。
そんな中で同人誌として生み出されたこの「最終回」ですが、著作権がらみで訴訟にもなり数年前に世間を騒がせたことでご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
確かに法的人道的にもほめられたものではありません。
それでもこの作品には不覚にも心を打たれたのです。それくらい、出来の良い作品でした。
そして、もしこの作品を藤子不二雄先生が読まれたらどんな感想を述べられたのだろう…と。

過去に様々な憶測で語られたドラえもんの最終回。
一番最初に聞いたプロットは、病弱なのび太が描いた夢という説でした。
不治の病の床で、のび太が夢現に見ていた夢物語をお母さんがノートに書き写したというもの。
そのほか、ただの夢オチでその夢があんまりおもしろかったから漫画に描いた(つまりのび太自身が藤子先生というオチ)だとか、ドラちゃんが帰るときすべての人の記憶を消してしまうとか、そういった最終回が小学館の金庫に眠っているという話を聞いたことがあります。
(もちろんそんな事実はありませんが。)

ここで、ふと、この偉大な先人はわざと最終回を残さなかったのでは?という疑問が。
物語は無限の分岐の上に様々な未来を創っていくのです。
たくさんの読み手の中に、たくさんの結末があってもおかしくはないですよね。
この「タイムパラドックス」という作品も同人誌として販売されたことから利益関係が発生しますし、プロダクションに対しての配慮も欠けていたことも甚だ問題ではありますが、それを引いてもこの作品は面白かった。
違法性の高い作品ではありましたが、その根底には彼の偉大な業績があっての作品です。
そう考えると、この作品もまた、そんな無限の分岐の一つのような気がしてならないのです。
物語を読んだ子供たちに、その先の未来を託すためにあえて最終回を書かなかったのではと思わずにいられませんでした。
そして、未来の子供たちが様々なドラえもんという物語を作ってほしいと先生は願ったのではないでしょうか。

幼いころ、21世紀はもっと高度な文明が発達し思いもつかない未来が待っているのだと信じていました。
20世紀初頭の人々は産業革命後の工業発展ののちに月への有人探査やケータイ電話や宇宙ステーションなど想像もしなかったことでしょう。
それと同じで、ひょっとしたら22世紀のころには宇宙旅行はあたりまえで物質転送装置や立体ホログラム通信なんてものが出てきても不思議ではありません。
そんな未来へと続く子供たちへと物語を引き継ぐために、あえて最終回を残さなかったのではないかと想像。
小学館の担当者は目くじらを立てたそうですが、案外ひょうひょうと「面白いじゃないか。」と先生はおっしゃるかもしれませんね。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

多機能カレンダー(訂正)

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

えみり猫

Author:えみり猫
<猫たち>と呼ばれている
高校生と中学生の息子二人の母
自他共に認める「親ばか」

☆初めてお迎えした愛娘
<ありす>(TF-Emillie)
☆双子の兄さま’S
<碧樹・ミズキ>(SD遠夜2ndカスタム)
<緋曉・ヒサト >(SD17遠夜1st)
☆謎の同居人
<朱晄・アキラ>(TF-Jerome)
<藍泉・アオイ>(TF-Louis)
☆兄さま’Sの弟
<黎夜・レイヤ>(SD13遠夜3rd)
☆藍泉のお兄さん
<蒼海・ソウマ>(SSDFWilliams2nd)
☆兄さま’Sの長女
<ましろ>(Yo-SDゆきWhite ver.)
☆諸般の事情で養育することに
<さくら>(PF-MiniMay)
☆碧樹の完全女性体
<紫月・シヅキ>(ディーラーオリジンボディ)
彼らが暮らす本館の管理人でもある

*ここには、Blue Fairy社とボークス社のキャストドールがいます。
興味のない方や苦手な方はスルーで。
嫌悪感を感じる方はご遠慮願います。
*本館HP「Victorian Rose House」へはリンク欄よりお越しください。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

border=

border=
<本館サイト用バナーです。>
本館 Victorian Rose House は
リンク欄からお越しください。
リンクフリーです。
はるも、はがすもご自由に!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

♪BGM

©Plug-in by PRSU

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索