FC2ブログ
03
TOP IMAGE
http://emilycat.blog76.fc2.com/

2011-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防災用品の見直し。

運動不足を実感中…えみり猫です、こんばんは。

計画停電に伴って、現在地下鉄副都心線は池袋~渋谷間の運転です。
お陰で、毎日有楽町線池袋駅を利用中。
同じ池袋でも結構離れている有楽町線池袋駅と副都心線池袋駅…せめて同じホームだったらなあ!
たかが5分多く歩いているというだけで、腰痛が出てます。

どんだけ運動不足なんだよ!

さて、今回の地震で大きな余震に備えて非常持ち出し袋を押入れから出してきたわけですが。
食料品や日常生活品については、普段から備蓄していたのですぐに困ることはなかったんです。
それこそカップ麺から乾麺、乾物類、レトルト食品、缶詰に至るまで1週間くらい食いつなげる分はありましたし、トイレットペーパーやボックスティッシュ、洗剤も常に半月分は確保してました。
非常用保存水(5年)も2リットルペットボトルで1ダース。一昨年前に買い換えてました。
乾電池や懐中電灯、携帯ラジオにエマージェンシーブランケットなるものも用意してあるんです。
下着の替えと45ℓ用ゴミ袋や軍手、三角巾、てぬぐい、ビニールカッパ、そして笛も入ってましたね。
ろうそくも、披露宴のときに使用したでかいキャンドルが(笑)
イザというときのために屋外倉庫に簡易トイレとカセットコンロ、石油ストーブとポリタンク、キャンプ用なべセット、サランラップ、アルミホイル、スコップ、脚立を入れてます。
車の中にはビニールシートに簡易テントとブランケット、小型のテーブルと椅子も。

実は、結婚して初めて震度3を経験した翌日に揃えたものがほとんどでした。
今から約19年も前のことです。
とにかく大して地震を経験しない広島から嫁に来たんです。震度3ですら怖かったですよ!
屋外倉庫と車に備えているものは、神戸で震災にあった義理の姉の助言から。
これらは16年前ですね。

さて、ここで賞味期限切れの非常食について興味深い考察を。
なんせ17年前とかから入れっぱなしになっていたものもあったんです。
一番古いものは1994年製造の乾パンの缶詰でした。賞味期限は5年間。
出てきたときは、笑っちゃいましたね~~ヽ(´ー`)ノ (…いや、笑えないって。)
缶は膨らんでも錆びてもいないので、おそるおそる開けてみましたが…。
中身は普通でした。普通に美味しかったです!!(食ったのか?!…食いました。)
意外だった乾パン!これはいけます!!おなかもこわさなかったですよ。(笑)
(よい子は真似しないでください。というか、多分誰も真似はしない…)
で、水戻し餅なるものも出てきました。こちらは1998年製造、賞味期限はやはり5年間。
これはダメでしたね~~~。(>_<)
まず、戻りません。一部分戻ってもなんとなく黴臭い気がする…。高かったのに…。(T_T)
アルファ米という、水だけでもごはんになるという保存食もあるにはあるのですが…。
こちらは2008年に賞味期限を迎えています。
イヤン、つい3年前じゃないのさ。というわけで、もったいなくてまだ試してません。(え)

防災用品の見直しも最初の10年くらいは年に1度やっていたはずですが、最近は疎かにしていたというのがよくわかる我が家の防災用品でした。
もう少し落ち着いた頃に、非常食を買いなおさねば。




スポンサーサイト

終業式に思うこと。

花粉症にも参ってます…えみり猫です、こんばんは。

もともとこの時期の花粉症ではなく、カモガヤ花粉だったんですけどね。
ここ2、3年でこの時期の花粉にも反応が出るようになりました。(T_T)
約5ヶ月間、花粉症に悩まされる計算です。ああ…。

ようやく卒業式も終わり、今日は上の子の終業式でした。
本当に問題の多い下の子とは反対に、全くと言っていいほど問題のない上の子。
おっとりとして自己主張も控えめ、決められた約束事はきちんと守るうえに人知れず黙々と仕事をこなすので、クラスでも安定していますし先生方の信頼もあります。
お友達も量より質といったところで、少ないながらもみんな一目置かれる子が多いです。
成績は中の上。ですがクラブ活動では文科系唯一好成績をもたらしているという。
本人の印象が薄くて、影の薄いヤツ…といわれるのが欠点らしい欠点でしょうか。本人はそのほうが気楽でいいんだそうですけどね。
家でも手伝いをよくしてくれるし、目立った反抗もありません。
見た目も、それなりにあれなり(笑)。もう少し背が高いといいんですが。
まあ、はっきり言って『自慢の息子』です。

……親ばかって、言っていいですよ。(^_^;)

そんな上の子の、中学2年一年間で一番笑えたエピソードがこれ。
クラスには、保育園で一緒だった拓斗くん(以下拓ちゃん)がいます。
その日、給食でとうもろこしが出たそうです。
甘くて美味しい茹でたとうもろこし。みんなで美味しくいただいた…はずなのですが。
5時間目は数学の時間、先生が教壇に立ったときはまだクラスがざわついていました。
すると、先生が突然

「○○くん、手に持っているものを見せなさい!!」

一斉に拓ちゃんに注目が集まります。

「…何を持ってるの!?」

「とうもろこしです。」

……………クラスが一瞬水を打ったように静かになったそうです。
高く掲げた拓ちゃんの手には鮮やかな黄色い茹でたとうもろこし。

……なぜ、とうもろこし?!
まさか、食っていたのかとうもろこし?!
いや、そもそもなんで5時間目にとうもろこし?!
どうしたんだ、拓ちゃん!
何がしたいんだ、拓ちゃん!

一瞬の沈黙の後、クラスは大爆笑の渦に巻き込まれたそうです。
拓ちゃんのとうもろこしはその後没収。(笑)
なぜ?というギモンは未だに謎のまま。多分拓ちゃん本人にも謎だったのではないかと…。
その他にも、給食に出た『イカ飯』を持って帰ろうとそのまま机に隠そうとしたIくん。
そのままじゃなくて牛乳瓶にでも入れろやー…と言ううちの子の助言もダメダメですが。
(ちなみにこのIくん、「家からふりかけを持って来ていいですか?」と聞いて担任の先生にダメ出しをくらったもよう。)
とにかくユカイな子が多かったですね。

そんな彼らも、4月からは受験生です。






拍手ありがとうございます!
ぽちっと元気を分けてもらっています。ありがとうございます。
コメントいただいた方には、個別訪問でお返事をさせていただいております。
暑苦しい訪問をお許しください…(^_^;)

ホタルノヒカリ 2

終わりよければ全てよし…えみり猫です、こんばんは。

今日は下の子の卒業式でした。
3学期に入ってからなにかともめた6年2組…。
先生と子供たちの間にはいつのまにか隙間が出来て、このまま卒業してしまうにはなんだか淋しいな…と色々と保護者として何かできることを探してみましたが、力及ばず。
それでも、最後のホームルームで先生が作ったDVDフォトアルバムを見ながら

 ああ、みんないい笑顔してるじゃない…

そんな感想がぽつりと。
ちゃんと先生はみんなのこと見守っていたんだなあ…と思わずホロリとしてしまいました。
みんなで先生を囲んで撮ったたくさんのフォト…みんないい笑顔です。
いい卒業式だったと思います。

ただでなくても問題行動の多かったうちの子。
普通中学に進学できるかどうかの瀬戸際ということもあって、親子ともども色々と忙しかった3学期。
まともに授業を受けていなかったため、今までの通知表はほとんどが評価なしの斜線。
指導に当たって大変難しい子であったのですが、彼なりにがんばったようです。
最後に貰った通知表には、斜線は一つもありませんでした。
通級指導でお世話になった先生の通知表からもそれが伝わります。
長かったようであっという間だった6年間、本当によくがんばったね。
そう言うと、少し誇らしげに笑顔を見せた下の子は、いつもよりちょっとだけお兄ちゃんに見えました。

都内の大学に通う姪は震災のために卒業式は取りやめになったそうです。
被災地でも卒業式どころではない学校も多くあります。
家族の安否も定かでなく、先の見えない不安で卒業式を迎えられない子供たちも数多くいます。
避難所生活の中で、子供らしく振舞うこともできずに大人たちのなかで暮らす子供たち。
子供らしい我儘を言うことすら我慢して、明るく振舞おうとしている子供も多いと聞きます。
そんな中、こうして無事卒業式を迎えられたことは、とても幸せなこと。
今、深い絶望と悲しみの中にその身がないのなら、その幸せを実感してもらいたい。
そして、その幸せをどうかみんなに分け与えて欲しい。
笑顔で、元気に、夢に向かって。
それが今みんなにできる幸せのおすそ分けなのだと、今日の卒業式で感じました。
昨日都内で袴姿のお嬢さんがショウウィンドウに映る自分の姿を横目で見ながらピンと背筋を伸ばして颯爽と過ぎ行く姿を見かけました。
きりりと清清しいまでの、若竹のような姿に心打たれます。
この春卒業する全ての人に。
学業だけでなく、様々なことに区切りをつけて新しいことへ挑戦する全ての人に。
この春巣立つ、全ての人へ伝えたい。


     卒業、おめでとう



セイウチ…ってどうよ?それ。

結局今日も明日も出勤…えみり猫です、こんばんは。

震災から一週間ですが、頻繁に起こる余震ですっかり参ってしまいました。
たかが震度3程度でこれですから、震度5近い震源ではもっと大変なのでしょう。
これくらいでどうするの!しっかりしなきゃ自分、と言いきかせてはみるのですが。
いつも小さな揺れを感じては、軽い耳鳴りと眩暈…。
すっかり食欲が減退して、この1週間で3kg.体重が落ちてしまいました。
えええ、もともと『立てばセイウチ、座ればトド、歩く姿はゾウアザラシ…』と言わしめたほどの巨漢なのでこれくらいどってことないですけどね。
減るのが怖いのではないのです。
平常に戻った後からやってくる『リバウンド』が怖いんですよ…。(T_T)

そんな中、会社で起こった珍事件。
縫製工場の一つが、この前の地震で立ち入り禁止になったんです。
老朽化したビルの一室だったので、これはしかたない。
で、今日今後の予定やらなんやらで関係者が何人か話し合いのために本社へ来ました。
そのうちの一人が会社の玄関自動ドアの前で急にドカッと倒れこんで…。
それはそれはみごとに、ドカッ!!と。
玄関先の僅かな段差につまずいて、手をつく暇もなくそのまま倒れこんだんです。
ポケットに手を入れていたからでしょうか、本当にそのままドカッと。
ドカッ…ってヘンでしょう?その擬音。
そう思うかもしれませんが、そのオバチャンの体型がまさに私と同じだったんです。
なんというか…倒れている姿はセイウチそのものでした。
かなりの大柄な身体にダウンのこげ茶のコート。

「大丈夫ですかっ!?」と周りの人が声を掛けると
「…大丈夫じゃない…」とそのままの体勢で返事が来ました。

おなか周りの脂肪のおかげか顔面から倒れなかったのはラッキーでしたが、それでもしたたかに顎を打っていた様子。
なんとか手助けしてもらいながら起き上がって事務所に向かいましたが、幸い打ち身程度で大きな怪我はなかったようです。その様子の一部始終を観察しながら


…人の不幸を笑ってはいけない…


いけないんですが、思いっきり笑いそうになって笑いをかみ殺すのに一苦労しました。
もぞっと動く姿はセイウチ!!でなけりゃゾウアザラシだよ!!
同時に、絶対人前ではこけないようにしようと心に誓いました。
だって同じ体型!!
絶対私も同じに見える!!!
職場のその場に居合わせた全員が同じことを思ったのでしょう。
全員が私を見ながら、

 「…○○さんもコケたらあんなふうになるな…。」

絶対、こけませんからね!!



ポケットに手をつっ込んで歩くのは危険なのでやめましょう…そんなお話。

入場制限?!

とにかくよく歩きました…えみり猫です、こんばんは。

通勤困難者の一人が朝早くだと電車が動いたとのことで、午後4時までならと出勤してくれました。
で、午後からの出勤となったのですが…

普段は駅までバイクで出掛けるのですが、今はガソリン節約のためバスで出掛けています。
自転車が壊れているためです。
ところが、川越街道に出るまでの細い道はガソリンスタンドのお陰で大渋滞。
いつもなら約10分で駅に着くのですが、今日はなんと50分もかかりました。
…歩けば30分だったのにね。
もっとも、有楽町線は混雑もなくすんなりと16分で到着。早いなあ。
これなら帰りも大丈夫だろうとたかをくくってしまった私。
思いもしなかった混雑が待ち受けてるとは露ほど思っちゃいませんでしたよ…。

ここ数日通勤手段には事欠かなかった余裕で、私が商品管理部の居残りになり会社を出たのが18時すぎでした。
首都圏大規模停電になるかも…という情報から、通勤困難な人から帰宅を始めたためです。
昨日まではこの時間でも大した混雑もなかったので大丈夫だろうと池袋駅に向かったものの、なんと駅は人で埋め尽くされていました。
大規模停電の恐れあり…という報道のためか、一斉に帰宅ラッシュが始まった午後6時。
ホームも人で混雑して危険だから…と駅では入場制限が発生していたのです。
東上線も大混雑で長蛇の列、その改札も近いため有楽町線の入場列なのかどうなのかも定かではなく、もうなにがなんだか…。
とにかくすごい人なのです。

…こりゃいつまでたっても電車に乗ることは出来ないなあ…

ピーク時を避けてどこかで時間を潰すにも、軒並み店は閉店。
それよりなにより大規模停電が起こればそれこそ帰れる見込みもありません。
自宅では計画停電がいつ起こるかもわからないというのに、子供たちを置いてきているのです。
早く家に帰りたい…

ここでふと、隣の要町駅まで歩けばホームには入れるんじゃないかい?と。
池袋駅を利用する人が全員同じ方向へ帰るとは限らない。
だったら、隣駅で来る電車に乗ればいいのでは?と思いついたわけですよ。
要町までなら10分も歩かないんだから…と急遽来た道を戻ります。
案の定、要町駅はすんなりと入れました。人もまばらです。
すいている車両も毎日乗っていればなんとなくわかる。
お陰ですんなりと電車に乗ることが出来ました。
ああ、なんて賢いんだ私。(←ばかめ)

しかしいつもの駅に着いてみると休日ダイヤ運行のバスは渋滞遅延で、ここも長蛇の列となっていました…。(T_T)
もう、歩くしかない。
ついでに駅近くのダイエーで買い物して帰っちゃえ。重いけどさ。
そんなこんなで、家に帰り着いたときは夜の8時を回っていました。
両手に荷物を下げてとぼとぼと帰り道を歩きながら、ひとり呪文のようにブツブツ言っていた言葉は…


…やっぱり自転車、修理に出そう…

なぜか駅が停電だった…。

出勤体制には恵まれているえみり猫です、こんばんは。

節電のためにブログを更新している場合じゃないだろ!とは思ったのですが、遠方の友人に近況を知らせるため更新してます。
どんなことがあったのかを記しておくことで、気分的に落ち着けるし…。
本館の更新は滞っていますが、そちらはもう少し落ち着いてから。(節電?)

最寄り駅に到着したところ、停電の真っ只中でした。
あれ?23区で計画停電に入るのは荒川区だけだったのでは…?
板橋区ですが、真っ暗でびっくりです。
それでも川越街道の信号は大丈夫といった具合で計画停電のグルーピングの複雑さがわかります。
我が家は埼玉県でも県境のためか今日の計画停電は実施されなかったそうです。
第1、3、4グループに属している我が家の地区。
今日の停電は第3グループだったそうで、それが隣の地区だったことからうちの地区は第1か第4グループだということがわかりました。
本格的に始まる計画停電…
真っ暗な駅前で慣れない路線バスに帰路を模索する人々を見ると、通勤の足が確保されているというのは本当にありがたいことだと思いました。
パートタイム仲間でも、私を含めて4人のうち2人は通勤困難者です。
今日は何とか出勤…と2人ともがんばっていたようですが、来たはいいけど帰れなくなるかもよ?と途中から引き返してもらいました。(そして実際そうなるところでした)
もう一人のオバチャンも、今日は私一人でもなんとか回せるし…と明日の早番を替わってもらう事を条件に本日はお休みしていただきました。
でも、一体いつまで続くんだろう…。
一人だけで完全に仕切れるのは私と一番遠方から来るオバチャンだけなのです。
このままの状態が続くと、いつ休めるのかもわかりません。
休日になれば電力需要も供給に見合って停電もなく電車が動くのでは?という甘い期待があるのですが…。


計画停電に思うこと。

今日の有楽町線は満員でした…えみり猫です、こんばんは。

計画停電のためか、今日の納品先はお休みしているところが多かったです。
明日から本格的に始まる計画停電…
私の地区は第1、3、4グループに所属していていつ停電になるのか全くわかりません。
さてどうしたものか…
電車もうちの最寄り駅までは間引き運転ということで、満員電車の凄まじさをひしひしと感じました。
ぎゅうーーーーっと詰め込まれた電車の中は本当に悲惨ですね。
いつもの副都心線は池袋~渋谷間での折り返し運転。
明日以降も運転状況は不透明です。

さて、関東でも震災を実感する計画停電…
福島原子力発電所での事故が発端ですが、現場で対応に当たっている職員の方々の苦労を思うと胸が痛みます。
実家にいた頃電力会社関連で仕事をしていましたので、原子力発電所へも何度か見学に行ったことがあるのです。
発電所で作業を行う作業員は適性検査と厳しい研修を受けて業務に当たっていると伺いました。
あってはならない原子力発電所での事故。
ですが、自然の力の前に人の英知は無力に等しかったのです。
作業員の方々は今も被曝の危険と隣りあわせで最悪の事態を防ごうと懸命に働いています。
確かに対応は後手後手のうえ情報は錯綜、混乱をきたしている東電ですが、計画停電は必要な手段です。
まして被災地の方々を思うと…

今出来ることといえば、こうして計画停電に協力すること、無駄な買占めをしないこと、安易に被災地へ向かわないこと、チェーンメールは送らないことくらいでしょうか。
普通の日常生活で、トイレットペーパーや電池を買い占めることはないはずです。
ガソリンも、できるだけバスや徒歩で対応すれば節約になります。
普段の生活を慎ましく送ることが望ましいのではないでしょうか。
自分にも何かできるはず…とボランティア精神で安易に被災地へ向かうことはかえって足手まといにしかなりません。被災地への交通手段は本来家族の安否確認を必要とする緊急を要する方を優先するべきです。
ボランティア活動は要請があってから、体調を整えて向かうことをおすすめします。
古着や食品を被災地へ送りつけるのも困りもの。
善意を…というなら義援金として募金すればよろしい。そしてこれが一番役に立つのです。
若い方に特に多かったチェーンメールですが、送られた方に一斉送信した方々のメアドが表示されているのをご存知でしょうか。
知っている人だけに送っているから大丈夫と思っているかもしれませんが、全く知らない人のメアドを添付されるのです、内容もデマとか風説ですと一層の混乱をきたしかねません。これは考え物です。

出来ることを…と思うとき、ささやかで慎ましい日常を送ることがやはり大切だと感じました。
ちなみに中部電力から西の方々の節電は残念ながら東側への配慮だけ…となります。
気持ちだけ…受け取ってもらえるかと。


とにかく色々無事です。

余震も怖いです…えみり猫です、こんばんは。

ご心配いただいた方々にお礼申し上げます。ありがとうございます!
たくさん勇気をわけていただきました。本当にありがとうございます。
幸いこちらは思ったほどの被害はなかったのですが、二世帯住宅三階建ての我が家の三階は子供の机の上の教科書が全部なだれ落ちていました。
ゲーム用のテレビの上においていたテレビチューナーも落下。たまたま下に雑誌が散乱していたために無傷でしたが。
転倒すると思われた本棚ラックは壁からかなり離れた場所で原型を留めてました。
私の本棚は何冊か落ちてましたけど…。

ダンナの書斎という名の小さな小部屋、別名『第三艦橋』は壁一面の本棚の扉が全開。でもみっちり入っていたお陰か中の本やDVD、ゲームソフトなどは散乱してませんでした。
平積みしている本とかCDとかは多少崩れているものもありましたけどね。
カラーボックスの上の小さなテレビが落ちてるんじゃないかと恐る恐る覗いてみたところ、壁際から20センチくらいカラーボックスごと移動していたのに落ちていませんでした。これにはびっくりしました。
マイカー通勤のため帰りの交通手段は確保できていたダンナですが、大渋滞の末帰り着いたのは仕事が終わって3時間後。普段なら30分ほどで帰り着くのです。

二階のキッチンの食器棚は、新築の際作り付けにしてもらっていたんです。
で、耐震ラッチ(強い揺れで扉が開かなくなるというしくみだそうです)のお陰か、食器の落下はなかったのが幸いでした。
以前阪神大震災を経験した義理の姉の助言もあり、食器棚に滑り止めを敷いていたのも幸いしたようです。
水道は、お風呂にかなりの赤錆が出ていましたが入れるだけマシと言うものでしょう。
ドールを置いている部屋は落下物もなく、もとよりトランクの中なので全く問題はなかったのですが、今後のことを考えて大きい子は全員ヘッドだけになっています。
小さなトランクにぎゅうぎゅうですが、我慢してもらうしかないですね。
ボディだけを一つのトランクにまとめて、もしものときは掘り出そうと言う…。
一階の姑のところはほとんど落下したものがありませんでしたが、それでも二人震えながら玄関脇の柱にしがみついていたんです。
逃げ道の確保のために玄関は開けていましたが、そこから見えるご近所のおうちがガタガタと揺れる様や植木鉢が落下するガシャンガシャンという音も恐怖でした。
それくらい揺れは強く長いものでした。

…本当に怖かった!
イザというとき、人は何にも出来ないものだとよくわかりました。
そして、地震は余震も怖いのだということも。
断続的に続く余震のせいで夕べは浅い眠りばかり。
ゆらゆらと長いときもあれば急にガタンッとくるときもありで、その度に生きた心地もしません。
軽く船酔いしてる気分でちょっとした揺れにも敏感になっています。
近所のスーパーもコンビニもほとんど売り切れでしたし、ガソリンスタンドも長蛇の列でした。
でも、ここはまだいいんです。
震源に近かった地域は震度7を越えたそうですし、ダンナの従姉妹は津波で家を流されたと聞きました。
津波が押し寄せてくる映像に涙が滲んでこれが夢であったらどんなによかったでしょう。

せめてできることといえば節電の協力程度なのですが、どうぞできるだけのご協力を!
以前勤めていたのが電力会社関連でしたのでよくわかるのですが、電力は備蓄ができないんです。
今使っている電力は、今どこかの発電所で生み出された電力なのです。
どこかで無駄な電力を消費していると、どこかで必要とされている電力が不足します。
病院や療養施設では、この電力不足がかなり深刻な事態となります。
エアコンの設定温度を2℃変えるだけでもかなりの節電効果があるんです。
出来る限りの節電を呼びかけてください。

これ以上大きな災害が起きないことを心より祈ります。
そして、これ以上の大きな被害がないことも。





怖かった…!!!

雪の日の運転よりも怖かった…えみり猫です、こんばんは。

今日は午後3時から保護者会だったのでお休みをもらっていたんです。
そろそろ出かけようと準備をしていた矢先カタカタと小さな揺れが。
また地震?とさほど気にも留めていなかったんですが、徐々に揺れは強くなり…
窓を開けていたらかなり強い横揺れ、三階で色々落下する音を聴いた瞬間とっさにとった行動は1階に住む姑の安否確認でした。
玄関を開けている間にも続く横揺れ…
強い揺れはかなり長い間続き、家中ガタガタと不気味な音を立てて軋むのでこのまま倒壊したらどうしよう…と心底怖かったです。
姑と二人でお互いしがみついて立っていられないほどでした。
震度5強ですらこの有様です。
東北地方や北関東ではいかばかりかと…。
連絡の取れない友人が心配です。どうか無事で、家族全員が無事でいますように。

小学校は緊急一斉下校になり、すぐに下の子を回収。
小学校へ迎えに行く間でも大きな余震があり、自宅で待機している姑のことも心配だし中学生の上の子も心配だし…。
幸い大きな被害もなく子供たちも無事に帰宅できダンナも無事との連絡がありました。
首都圏の鉄道は全線停止。いつものように出勤していたらきっと帰れなかったですね。

この災害でたくさんの方々が被災されたことと思います。
本当に怖かった…!!
どうか大きな被害がでませんように。





BigFatCatの消失

ネット落ち…えみり猫です、こんばんは。

いろいろ土下座!
ありえないようなミスが続いて、ここまでダメダメなのってどうなの?というほどですよ。
もう、ありえない~~~~~~!!><

まず、Web拍手のコメントを完全チェックしてませんでした!
すみませんすみませんすみません…><
お返事は直接!お邪魔してコメント残したいと思います!
本当にごめんなさい!

そして、先週先々週とイベントに参加した際お世話になった方々!
今更のごあいさつで申し訳ない…><
お付き合いくださって楽しかったです!腐った話題がとくに!
ありがとうございました!

あと、本館が完全停止してます!
しかももう少しこのままです…><
フォトは撮っているんです、いるんですが編集が追いつきません!
暫くお待ちください!



学校行事も勘違いでまさかのすっぽかし…
学校から電話がきて自分のポカミスに気付く始末><
諸般の事情で下の子も行事日程を私に言わないものだから、全部終わった後で行事があった事を聞きましたとも。
あああああああ
私のおばか!!!

花粉症で目はかゆいしかすむし鼻水すごいし…
正直人前に出るのもどうなのさ、という有様です。

こんな状態が多分23日までは続くと思われます。
ネット落ちしている猫は探さないでください…。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

多機能カレンダー(訂正)

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

えみり猫

Author:えみり猫
<猫たち>と呼ばれている
高校生と中学生の息子二人の母
自他共に認める「親ばか」

☆初めてお迎えした愛娘
<ありす>(TF-Emillie)
☆双子の兄さま’S
<碧樹・ミズキ>(SD遠夜2ndカスタム)
<緋曉・ヒサト >(SD17遠夜1st)
☆謎の同居人
<朱晄・アキラ>(TF-Jerome)
<藍泉・アオイ>(TF-Louis)
☆兄さま’Sの弟
<黎夜・レイヤ>(SD13遠夜3rd)
☆藍泉のお兄さん
<蒼海・ソウマ>(SSDFWilliams2nd)
☆兄さま’Sの長女
<ましろ>(Yo-SDゆきWhite ver.)
☆諸般の事情で養育することに
<さくら>(PF-MiniMay)
☆碧樹の完全女性体
<紫月・シヅキ>(ディーラーオリジンボディ)
彼らが暮らす本館の管理人でもある

*ここには、Blue Fairy社とボークス社のキャストドールがいます。
興味のない方や苦手な方はスルーで。
嫌悪感を感じる方はご遠慮願います。
*本館HP「Victorian Rose House」へはリンク欄よりお越しください。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

border=

border=
<本館サイト用バナーです。>
本館 Victorian Rose House は
リンク欄からお越しください。
リンクフリーです。
はるも、はがすもご自由に!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

♪BGM

©Plug-in by PRSU

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。