FC2ブログ
09
TOP IMAGE
http://emilycat.blog76.fc2.com/

2006-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやくUPです。

昨夜、運動会の準備をしながらマウスを握り締め寝てしまったえみり猫です。こんばんは。

今日は曇りというので、朝早くから場所取りをした際に木陰でないところを取ってしまいました。
ピーカン晴れ女の私としたことが、天気予報を信じるなんて…。
まあ、運動会も無事に終わってほっとしてます。


さて、ようやく画像がUPできるようになりました~

P8270026.jpg


うちの子供たちは男の子だけなので…
里子をもらってきました。女の子です。
興味のある方だけ、続きをどうぞ。

Read More »

スポンサーサイト

O嬢の憂鬱

晩御飯の食べすぎで、未だに胃がもたれているえみり猫です。こんばんは。

私のパート勤務先は、縫製関係の職場です。職場にはお客様から預かった紳士服やら婦人服が日々行きかうのです
この会社に、O嬢というお嬢さんがいます。すこしぽっちゃりですが、なかなかに愛らしく、ゆかいなお嬢さんです。実にいい子です。

ある日、お直しの終わった商品を検品していたとき、ある商品に添付されたモノに目が留まりました。紳士ジャケットの肩パットです。
まぁなんて立派な肩パット!何かを彷彿とさせるわよねぇこのカタチ…
と、ふと脳裏をよぎったのが「乳パット」。思いついたら一度は試してみたいと思うのが、人情というものでしょう。
幸いこの部屋にはO嬢と二人きり…彼女は後ろで伝票を整理してるから見えないハズ…
ええい!今のうちに!!

そっと自分の胸にパットを当てみると、これがなんともいい感じにはまるじゃないの!!ワタシの勘にくるいはない!(えっへん)
にやりとほくそ笑んでいるとなにげに視線を感じて、ひょっこり横を向いたとき…


O嬢が、伝票を握り締め、あんぐりとこちらを見ながら、つっ立っていたのでした。


彼女はいまだにこの光景が忘れがたいらしく、電車の中での思い出し笑いに、大いに悩まされているのだそうで。

個人的には 「忘れてください。」



女の恥じらい

子供の学校からの呼び出しでヘコミ気味のえみり猫です。こんばんは。

女の恥じらいってどこにあると思いますか?
妊娠当初入院していたときの病院で、この話題で大いに盛り上がりました。

産婦人科の大部屋は、ご出産の経産婦が大半を占めています。
人生での一大イベントですよ。出産は。
その大仕事を終えて、皆さん「母」となって病室へとやってまいります。
ほとんどが同じように「出産」を経験したのですから、ある種の連帯感が生まれます。まあ、吊橋効果?みたいなもんですか。それは男女の仲で使う言葉だって?気にしない。気にしない。
ほとんどが経産婦か妊婦です。
そのうち平気でおっぱいマッサージやら母乳パットの交換やら着替えまで始めたりします。
看護婦さんが「せめてカーテンくらい引けば?」と仰りますが、気にしない。気にしない。

恥じらいという言葉は、そこには存在しませんでした。

ところで、「プラセンタ」なるものをご存知でしょうか。化粧品の美容液に使われている、美肌のための成分だそうです。
主に牛の胎盤から抽出されるのだそうですが、手っ取り早くこのプラセンタを作るには、ヒトの胎盤を集めるのがいいそうで。衛生的で管理もいい、何より効率的に回収できる…そんな話を聞きました。
この話を部屋でしたところ、誰ともなしに

「じゃあ女の恥じらいって、子宮の奥にあるのね~。診察台の上でマタを広げてると揮発して、で、出産のたびに胎盤とともに出て行くのよ。きっと。で、少なくなった女の恥じらいを取り戻すべく、高いお金を出してプラセンタ入りの美容液塗りたくんのね~アハハハハ!!」

ある意味、これは真実なのかも知れない…今から10年も前の話ですが、プラセンタ入りの美容液が手放せなくなった今日、昨日のことのように思い出されます。
女の恥じらいは、子宮の向こう側…奥が深いですよね。

アレの季節

昼から降ってきた雨で、いい感じに生乾きとなった洗濯物が鬱陶しいえみり猫です。こんばんは。

一雨ごとに寒さを感じる今日この頃ですね。
もうぼちぼち、アレがご町内にやってきます。
アレですよ、アレ。
なぜか女性の圧倒的支持に支えられた、「石焼いも」が出回る季節となりました。

前に住んでいたアパートは、今の家からほんの一、二分の場所にありました。
道路に面した駐車場が格好のスペースとなり、宅配やら郵便やら出前のピザ屋のバイクやらがちょい置きするんですね。
焼き芋屋のおっちゃんもよくそこで留まっては、いい匂いを我が家に向けて流していました。
オヤジの濁声で「い~しや~きいも~」と玄関先でやられた日にゃ、もう、居ても立ってもいられません。ついつい台所の小窓から覗くと、ナニゲにおっちゃんと目が合ったりして、結局買いに出るハメに陥ります。うちがお買い上げを済ますと、裏の宅地へとおっちゃんは車を移動させます。

さて、ここら辺の住宅地は、結構子供が多くてそれなりにご近所付き合いもあるのですが、ある日裏の宅地の奥様に
「そういえばこの前聞いたんだけど、○○さんちのアパートによく石焼いも買う奥さんがいるんだって?おいもやさんが言ってたのよー。いつもたくさん買ってくれるって」

豆腐ならばはずかしくないのに、なぜかいもははずかしいのですよ。

ついつい、「あら~、下の階の奥さんかしら?それとも突き当たりに越してきた奥さん?」などと、バレバレの誤魔化しをしてしまう私に、羞恥心は加齢とともになくなったんじゃ…などと、つっこんではいけません。それなりにあるのです。それなりに。たとえそれが、ほぐれたお芋の繊維ほどのものであっても。

過去の栄光

相変わらず画像UPに手間取っているえみり猫です。こんばんは。

私のキャッシュカードは、裏に写真がプリントされています。
結婚当初、ある銀行で口座を作ったときにサービスでしてもらいました。変わったサービスですが、珍しいじゃないですか。
写真を用意しろというので、手元にあった結婚式の写真を渡しました。
「なんだか照れちゃいますね~」という行員のおじさん。いや、アナタが照れてどうするの…とひそかにつっこんだことを思い出します。
まだ若かりし頃の、初々しいまでの花嫁姿です。自分で言うのもナンですが、

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」ですよ。

あつかましいぞ~という外野の声は、この際却下します。 それが、今じゃ

「立てばセイウチ、座ればトド、歩く姿はゾウアザラシ」

なのですから、時の流れってムゴイ…ですよね。(しんみり)


月日は流れてあれから十数年が過ぎましたが、このキャッシュカードは過去の栄光として、いつも私の財布の中に存在するのです。
そして、時として他人を、驚愕とお笑いの世界へと誘うのです。

穴があったら…

風呂上りの缶チューハイが五臓六腑に染み渡っているえみり猫です。こんばんは。

つい今しがた、風呂から上がってきました。
今日は湿度もそこそこで、からっといいお天気の正に絶好の運動会日和でしたね。お彼岸で墓参りに行ったとき、近所の小学校で運動会をやってました。本当にいい日和です。

こういう日は、家中の窓を開けて換気をするのが望ましい。
というわけで、ダンナがあちこち開けて回りました。こまめなダンナです。

さて、我が家の風呂は、構造上特殊で床が高いんです。ちょうど浴槽と天井の真ん中に窓があり、開けっ放しだとまずほどよく丸見えとなります。道路に面していますが、二階なので大丈夫。道路を挟んでお向かいのリビングと向き合うのですが、窓さえ閉めれば、へっちゃらです。


…そう、窓さえ閉めれば。


今日、こまめなダンナがあちこちを開けて回っていたことを一気に思い出したのは、お風呂から出る際、窓からお向かいの奥さんの後姿が見えたときでした。

……ああ、穴があったら……

三倍の…

三倍の…といっても、赤いザクではありません。ネタから歳がバレバレのえみり猫です。こんばんは。

昨日「居住区が約三倍の面積」になった、と書きましたが。
すごく広くなった様に思われますが、実は違います。

前は和室二間と、6畳のスペースに風呂とトイレと台所それから玄関をコンパクトに押し込んだアパートに、一家四人が生息していました。
脱衣所や洗面所はありません。
そんな間取りですので、引越し業者が見積もりに来た時思ったほど見積額は高くなかったのです。ダンボールを大小あわせて70枚頂きました。途中、足りないようなのでさらに50枚追加してもらいました。
しかし何せ狭いので、荷物を作っても置く場所もありません。
そうこうするうちに引越し当日になりました。

引越し業者のお兄さん方は、手際のよい窃盗団(失礼!)のように、さっくり荷物を運び出していきます。空いたスペースに、ダンナと二人で片っ端から詰め込んだダンボールを置くのですが、相手はプロです。
かなり煽られながらの作業も、夜の7時で終了となりました。
ダンボールはすべて使い果たしました。2tトラックが3往復していました。
最後に荷物を積んだお兄さんのお言葉です。

「もう、勘弁してください。どこにこれだけの荷物隠してたんですか。」

…そうよね~。どこから湧いて出たのかしらん…
ちなみにこの段階で、もう一回引越し業者を呼ぼうかと真剣に家族で協議してました。それほどに荷物が散乱していたのです。
どこにこれだけの荷物があったのか、未だに謎であります。

引っ越して9ヶ月、新居に依然手付かずで積み上げられたダンボールの山をぼんやり眺めながら、前の家の押入れの向こうは、アナタの知らない世界だったのかも…と思える今日この頃。
三倍の面積ですが、三倍の荷物で、三倍の支払いに、日々の小さな幸せを噛みしめるのであります。



オークション

最近オークションにはまっているえみり猫です。こんばんは。

引っ越す前までパソコンデスクという名の物置の向こうに、パソコンは置かれていました。
同類語に、子供の学習机というのもありましたが。(汗)
まあそんなことで、パソコンはあっても使われてなかったわけですよ。
引っ越して、前の居住区の三倍の面積(当社比)になったとき、ようやくパソコンが快適に使えるようになりました。
本当に便利ですよね。パソコンライフ。
そこで、オークションにはまってしまったんです。

さて、オークション経験者なら何かしら失敗談があると思います。
かくいう私も、ご他聞に漏れず失敗しました。
サイズも確認せずに入札して、そういうときに限って入札額「2,000」のつもりが「20,000」で、そりゃ生きた心地がしませんでしたぜ。
そうかと思ったら、どうしても欲しかったのに、ついうっかり最高額が更新されてたのに気づかず終了していて、「ムキャ~!」ということも。
…たった三時間前のことですが。

そういえば、マイオークションで落札の一覧ていうのも見ることができます。
ああ、こんなに買ってたのねー…とぼんやり眺めながら合計金額を恐る恐る計算してみると、涼しくなったのが季節だけではなかったのだと、改めて思い知るのです。
ちょっぴりもの悲しい、秋の夜長…オークションもほどほどに。


PTA

体重計に乗ると、彼岸の彼方が見えてくるえみり猫です。こんにちは。

PTAというと、子供を持つ親なら誰でも一度は「なんだかな~」と必ず呟く、学校組織の一部です。
この「なんだかな~」には各々いろんな意味が込められる訳で、この言葉の続きには
「たりいからやりたくな~い」とか
「面倒だよなあ」とか
「できれば他の人がやってよ」という、他力本願な心境を表現するものが多いのですが、中には
「仕方がないからやってもいいけど…」とか
「決まらなきゃ帰れないから、やる?」とか
「…この沈黙に耐えきれん」と、プレッシャーに負けて役員を引き受けて、「なんだかな~」と続くハメに陥ります。
ごく稀に
「はい!はい!はい!ワタクシがやってもよろしくてよ?」というツワモノがいないわけではないのですが、ほとんど絶滅危惧種といってよいでしょう。
どうしても絶対やらない!という強硬派の皆さんは、この役員選出に際してそろって必ず同じ行動を起こします。
「懇談会は多忙のため、欠席します」
そして、出席している皆さんが口を揃えて言うのです。
「なんだかな~」



もっとも、欠席したのに<欠席裁判>なるもので
『くじ引きで○○さんが役員に決定いたしました』という通知を、後日子供が持ち帰ったときも、やはり呟くことになるのです。
…「なんだかな~」

悲しいとき~

といっても、N○Kのピタゴラスイッチに出てくるお笑い芸人ではありません。しょうもない小ネタのえみり猫です、こんばんは。

つい先日、近所のサトーココノカドー(クレしんネタ)で体重計を買いました。ポイントが20倍だったからとか、5%割引もついていたからとか、そういう理由からではありません。
体脂肪だけでなく、筋肉量とか基礎代謝とか体内年齢や脂肪が燃えやすいかどうかまで判るんだそうです。
すごいですね。
でわ 乗ってみましょう。




……
………                         どごっ


ちょっと、めまいで体重計から落ちてしまいました。

設定が悪いのかな?すごい数値なんだけど。
壊れてるかもしれないから、パパ、乗ってみてよ。


   「壊れてないよ~。体脂肪率13%だって~体内年齢20歳!!フォッフォッフォッ 」


…体重計って、ある意味イタイ存在ですね…そして、しんみり一言呟くわけですよ。

        「悲しいとき~…」

ブログ再び…

訳あって、ちまちま作業中のえみり猫です。こんばんは。
じつわ、このページ、全部やりなおしたんですよ。
理由は些細なミスだったんですけどね。修正しようとしたら

「ユーザーIDは変更できません。」


…… フッ そうきましたか。

結局のところ「一度登録を抹消して再度取り直せ」ということらしい。
で、も一度すべてやり直しとなったわけですよ。
メルアドが二つなければ、十日以上待ってやり直すところでした。
で、ブログ内容をまた同じようにぺちぺち入力…

もう、悲しいんだか、哀しいんだか、ヒマなんだか、例えて言うなら


「せっかくラスボスまで行ったのに、子供がうっかり電源コード引っ
 掛けて突然電源が落たのでもう一度セーブポイントからやり直し」


みたいなカンジ? 



ブログって…

なんだかんだと言いながら、こてこて書いているえみり猫です。こんにちは。
やっぱりよくわかりません。
世間様はとても素敵なページを作ってらっしゃるというのに…。
ちょっとだけ画面をかざってみましたが、画像をUPしようとしたら

「ファイルが大きすぎます」


…… フッ 所詮は若葉マークよのう…

いつになったら、愛娘をUPできるのか。先は長そうです。

初ブログ

初めてブログなるものを書いてます。
はっきり言って「なんじゃこりゃあ!!」ですね。はい。
はっきり言って「よくわからんよ」ですよ。はい。
これを世間様にさらすのは、さすがに気がひけるというもの。
当分は一人で、てこてこ書くとします。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

多機能カレンダー(訂正)

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

えみり猫

Author:えみり猫
<猫たち>と呼ばれている
高校生と中学生の息子二人の母
自他共に認める「親ばか」

☆初めてお迎えした愛娘
<ありす>(TF-Emillie)
☆双子の兄さま’S
<碧樹・ミズキ>(SD遠夜2ndカスタム)
<緋曉・ヒサト >(SD17遠夜1st)
☆謎の同居人
<朱晄・アキラ>(TF-Jerome)
<藍泉・アオイ>(TF-Louis)
☆兄さま’Sの弟
<黎夜・レイヤ>(SD13遠夜3rd)
☆藍泉のお兄さん
<蒼海・ソウマ>(SSDFWilliams2nd)
☆兄さま’Sの長女
<ましろ>(Yo-SDゆきWhite ver.)
☆諸般の事情で養育することに
<さくら>(PF-MiniMay)
☆碧樹の完全女性体
<紫月・シヅキ>(ディーラーオリジンボディ)
彼らが暮らす本館の管理人でもある

*ここには、Blue Fairy社とボークス社のキャストドールがいます。
興味のない方や苦手な方はスルーで。
嫌悪感を感じる方はご遠慮願います。
*本館HP「Victorian Rose House」へはリンク欄よりお越しください。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

border=

border=
<本館サイト用バナーです。>
本館 Victorian Rose House は
リンク欄からお越しください。
リンクフリーです。
はるも、はがすもご自由に!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

♪BGM

©Plug-in by PRSU

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。